好きなことで仕事しています。 -オタク社長の奮闘記-

by 企画制作会社セブンデイズウォー代表取締役、クイズ専門誌『QUIZ JAPAN』編集長、クイズ作家の大門弘樹

『第36回高校生クイズ』が傑作だった理由

めっきり秋らしくなってきました。鈴虫の泣き言が聞こえる中、観ました『第36回高校生クイズ』。「史上最大!アメリカ横断高校生クイズ」というテロップからもわかるとおり、大好評の「アメリカ横断ウルトラクイズ」オマージュ路線の3年目ということで、一…

『シン・ゴジラ』を日本人が観なければならない理由

ここ数十年の中でも飛び抜けて傑作と思われる『シン・ゴジラ』。 『エヴァンゲリオン』の庵野秀明が総監督を務め、ひょっとしたら『エヴァ』以上の名声を得たかもしれない本作。 今回は、そんな話題沸騰の『シン・ゴジラ』をネタバレ最小限に抑えつつ、語り…

『ノックアウト〜競技クイズ日本一決定戦〜』はクイズ版フードファイトだ!

7月30日(土)に新木場1stRINGにて、『ノックアウト〜競技クイズ日本一決定戦〜』決勝大会が開催されました。 これまでクイズは「お茶の間で観るもの」か「クイズ大会で競い合うもの」でした。 テレビのクイズ番組は、面白くなければチャンネルを変えられて…

『ノックアウト〜競技クイズ日本一決定戦〜』 予選会、無事終了しました!

ファミリー劇場によるクイズ特番『ノックアウト〜競技クイズ日本一決定戦〜』の予選会が、去る6月18日(土)に無事終わりました。 改めまして、ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。 どのような選抜方法(クイズ形式、クイズ問題の難易度etc…

『世にも奇妙な物語』にQUIZ JAPANが美術協力!

5月28日放送の『世にも奇妙な物語』の『クイズのおっさん』、どうでしたでしょうか。 クイズ以外にとりえのない青年と、クイズを出題する以外、一言もしゃべらないおっさんのハートフルストーリー……なんですが、クイズよりもBL成分が強すぎて、話題沸騰で…

「ノックアウト〜競技クイズ日本一決定戦〜」

あっという間に、今年度も最終日ですね。さて、本日、大きな大きな発表がありました。「QUIZ JAPAN」企画・監修による大型クイズ番組がこの夏、放送になります!その名も「ノックアウト〜競技クイズ日本一決定戦〜」! 『アメリカ横断ウルトラクイズ』の再放…

テレビ東京『イチゲンさん』ー『マンオブシニア』と築地グルメ

すみません、すっかり更新が滞っておりました。先日、2月14日にテレビ東京の『イチゲンさん』という番組で、『マンオブシニア』が特集されました。しかもけっこうな尺でした。1時間番組のうち、30分ぐらいはあったのではないでしょうか。後半は嵐の相葉く…

競技クイズはCSのコンテンツになりえるか?

さてさて、前回に引き続き、ファミリー劇場の20時間生放送の話です。 2日目は、新企画のプレゼンコーナーのために、再びファミリー劇場を訪れました。 今度は古き良き『ウルトラクイズ』とは打って変わり、「競技クイズ」という尖りまくった企画のプレゼン…

怒涛の年末年始!『マンオブシニア』とファミ劇生放送!

あけましておめでとうございます! あっという間に1月ですね。 昨年末は『マン・オブ・ザ・イヤー・シニア』というクイズイベントがあり、ブログの更新もままならないほどテンパっていましたが、やっと落ち着きました。 『マンオブシニア』は、出場者が95人…

『QUIZ JAPAN vol.5』発売しました!

ついに!!!『QUIZ JAPAN vol.5』が発売となりました!目印はこの福澤朗アナウンサーの表紙です!福澤さんといえば、『高校生クイズ』や『頭脳王』でおなじみのこのポーズ!福澤さんへのインタビューは、実は創刊号からずっと構想していたページで、今回念…

パンケーキ

安納芋モンブランとカラメルバナナのパンケーキ。 ウィーンの森にて。 カラメルバナナが美味しかったです! ウィーンの森 - コーヒーから生まれる笑顔のために。

『頭脳王』が描く天才像

あっという間に12月です。もう2015年も残すところ、あとわずかですね。 さて、先日、『頭脳王』の第4回が放送されましたね。 結果は「東大医学部の異端児」水上颯の2連覇! ネット上では、昨年にも増して「水上くんフィーバー」がすごいことになっておりま…

時代を変えたクイズ番組①『カルトQ』

いよいよ12月16日に『QUIZ JAPAN vol.5』が発売となります! 様々な特集がてんこ盛りですが、今回このブログで取り上げたいのはこちらの番組。 「真夜中の狂信的クイズ」、『カルトQ』です。 クイズ番組の歴史の中で、特に歴史が大きく動いた一大転換点があ…

新番組『魁‼︎クイズ塾』

ずいぶん間が空いてしまいました。もう11月ですね! クイズジャパン5号の編集が佳境に入り、忙しくしています。 さて、突然ですが新しくクイズ番組を作ることにしました! とはいっても地上波のテレビではありません。 媒体はニコニコ動画です。 僕が編集長…

社会人の「自分探し」の弊害について考える

大人になってからの「自分探し」の多くは、逃げるための言い訳にしか聞こえない。社会に出るまでに自分の生きる道と出会っている人は、泥水すすってもその道を行くし、社会人になっても出会っていない人は選んだ仕事の現場でスキルを上げていくしかない。 こ…

【QUIZ JAPAN】5号はクイズ番組の司会者特集!

ついに発表になりました、「QUIZ JAPAN vol.5」!表紙はこちら! そうです、『ウルトラクイズ』や『高校生クイズ』ファン悲願の福澤朗アナウンサーインタビューがついに実現しました! 第5号では、クイズ番組の司会者を特集すべく、福澤アナ、六代桂文枝師…

【12月26日開催!】『マン・オブ・ザ・イヤー・シニア』

急に寒くなってきましたね。あっという間に10月です。 さて、年内には『QUIZ JAPAN』の第5号を発売予定ですが、もう1つ大きなトピックがあります。 それがこちら、『マン・オブ・ザ・イヤー・シニア』!略して『マンオブシニア』です。 『マン・オブ・ザ・…

「完璧主義」と「完璧症」は違う

「完璧主義」という言葉、仕事の現場においてはどうもネガティブな意味で使われることが多くありませんか? 細かいとか、気にしすぎて仕事が進まないとか…。つまり0か100かという考え方。 でも、これって完璧主義ではなく「完璧症」とでも言った方がいい…

【QUIZ JAPAN全書】クイズ王執筆の単行本が2冊同時発売!

僕が編集長を務めているクイズの専門誌「QUIZ JAPAN」から、新しい単行本が2冊同時刊行されることになりました! 『東大生クイズ王・伊沢拓司の軌跡 I ~頂点を極めた思考法~』 『田中健一の未来に残したい至高のクイズ II』の2冊です。 「QUIZ JAPAN」で…

『第35回高校生クイズ』観戦記

先週の金曜日は『第35回高校生クイズ』のオンエアがありました。 『高校生クイズ』と聞いて、イメージするのは世代によってまちまちです。 40歳以上なら福留さん司会で富士山に登って決勝戦、30歳以上なら福澤朗アナで「ファイヤー!」、20代なら超難問を答…

大人が泣ける本当に切ない仮面ライダー

久々に素晴らしい作品を観ました。 『仮面ライダー4号』。 「え?4号って何?」と思った人のために簡単に説明すると、今年の3月に公開された映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』のスピンオフ作品、というかダイレクトな続編です。 全3話…

すぐに会社を辞めてしまうのは悪いこと?

「転職スパイラル」という言葉があるそうです。転職を繰り返しているうちに、どんどん条件の悪い会社に流れていってしまうというような意味です。 僕も社員募集の面接を何回もしてきましたが、確かに面接の際に履歴書を見て、20代で7社も8社も会社を変わっ…

【お仕事紹介】実は長寿番組! 声優バラエティ『櫻井孝宏の(笑)』

僕がプロデューサーを務めている『櫻井孝宏の(笑)』というバラエティ番組があります。 櫻井孝宏の(笑) | 番組 | AT-X ワンランク上のアニメ専門チャンネル AT-Xで数か月に1回のペースで放送されているんですが、タイトルの通り、声優の櫻井孝宏さんがM…

【イベント参加】ミステリーナイト2015 に参戦しました

先日はE-pin企画の「ミステリーナイト」というイベントに参加してきました。 ミステリーナイト | ミステリーナイト公式サイト [ Mystery Night ]:イーピン企画 僕は8回目の参加です。 「ミステリーナイト」は、参加者自身が目の前のお芝居の劇中で起こった…

【映画】『ジュラシックワールド』 レジェンダリー・ピクチャーズのリブート作品の凄さとは

昨日は『ジュラシック・ワールド』を観てきました。 子供の頃に『激突!』や『E.T.』が大好きだったスピルバーグ直撃世代としては、これほどワクワクする映画はありませんね。 今回の『ジュラシック・ワールド』は、これまでと違い、レジェンダリー・ピ…

クイズ専門誌『QUIZ JAPAN』を創刊した理由と狙い 

お盆ですね。猛暑が続きますが、皆さん、夏バテにご注意ください。 さて、昨日、エキサイトニュースで『アメリカ横断ウルトラクイズ』の再放送(CS・ファミリー劇場)についての記事がアップされて話題になりました。 ボルティモアに“奇跡の4人”が揃った「…

まさかの内山まもる『ザ・ウルトラマン』初映像化!

今日は映画に行ってきました。 選んだのは『ジュラシック・ワールド』でも『進撃の巨人』でもなく(どちらも後日行きます)、こちら。 『日本アニメ(ーター)見本市』 日本アニメ(ーター)見本市 正確には映画ではなく、スタジオカラーとドワンゴがニコニコ…

クイズ大会は見学だけでも楽しめるのか?

『天6』について、もう少しだけ補足しておきます。 クイズサークルの日本一決定戦ということで、当日は見学のために来られた方も大勢いらっしゃいました。 私も舞台後方の見学席で観覧していました。 クイズのオープン大会というのは、主催者もクイズマニア…

クイズサークル日本一決定戦 『天6』

僕が編集長を務めているクイズ専門誌『QUIZ JAPAN』の第5号の取材も佳境を迎えています。 昨日は、クイズサークルの日本一決定戦である『天6』という大会を取材させてもらいました。 クイズサークル日本一決定戦「天6」 視聴者が参加できるクイズ番組がほ…

社長の僕が考える仕事がデキる人の特徴 その1

仕事とプライベートを分けて「オン・オフ」と言いますが、普通は「オン」と「オフ」を切り替えられることを良しとする傾向がありますよね。 個人的には、これは逆。 むしろ、僕の周りにいる仕事のデキる人は、このスイッチを意識せずシームレスに生活できる…

『オバケのQ太郎』復刊までの遠い道のり

6歳の娘が藤子不二雄にハマっているので、昨日、この本をプレゼントをしました。 こちらの漫画です。 『オバケのQ太郎』 オバケのQ太郎 1 (てんとう虫コロコロコミックス) 作者: 藤子・F・不二雄,藤子不二雄A 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2015/07/24 …

テレビ番組は本当に面白くないのか?ー 40代オタク社長がオススメするCS番組ー

「最近、テレビを観なくなった」という話をよく耳にします。 確かに地上波では、なかなか高視聴率を獲るのは難しくなってきています。 ただ、テレビが面白くなくなっているかというと、そうは思いません。 いま熱いのはズバリ、CS局。 地上波に比べて制作…

早く来い来い木曜日!『第11回アメリカ横断ウルトラクイズ』再放送!

本日はいよいよ『第11回アメリカ横断ウルトラクイズ』第4週の再放送の日です! 『アメリカ横断ウルトラクイズ』は1977年から1992年にかけて放送(プラス1998年に一度だけ復活)されたテレビ史上最大のスケールを誇ったクイズ番組です。 番組の詳しい解説は…

ありがとうございました!第5回「QUIZ JAPAN」トークライブを終えて

19日(日)は「QUIZ JAPAN」の「第5回トークライブ」でした! まずはお越しいただいた皆様、ニコニコチャンネルでご覧いただいた皆様、ありがとうございました。 ゲストは、『第11回アメリカ横断ウルトラクイズ』の優勝者・稲川良夫さん、『第13回ウルトラ…

どんなに忙しくても僕が映画館に足を運ぶ理由

働いている方々は、観たい映画があってもなかなか時間を取れないのではないでしょうか。僕も忙しくはありますが、なるべく月に一度は映画館に行くようにしています。夜遅くまで仕事がある業界なので、24時台でも観られる新宿のバルト9はありがたい存在です…

本格仕様・ビジネスシーンでも使える!「アメリカ横断ウルトラクイズiPhone6手帳型ケース」

昨日7月16日に、ファミリー劇場で『史上最大!第11回アメリカ横断ウルトラクイズ』の第3週が放送されました。 第11回 史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ | ファミリー劇場www.fami-geki.com ファミリー劇場では、昨年から『第12回』『第13回』が再放…

『QUIZ JAPAN』第5回トークライブ開催!

イベントのお知らせです! クイズ専門誌「QUIZ JAPAN」が主催するトークライブが、7月19日(日)に、東京・五反田のゲンロンカフェにて開催されます。 クイズ総合誌「QUIZ JAPAN」第5回トークライブ【ゲスト:稲川良夫・永田喜彰・秋利美記雄・仲野隆也】p…

『QUIZ JAPAN』5号の取材で日本テレビにお邪魔しました

先日『QUIZ JAPAN』5号の取材で、日本テレビにお邪魔してきました。 取材内容は・・・続報をお待ち下さい! さて、クイズ専門誌「QUIZ JAPAN」の創刊について少しお話しします。 これまで僕の会社セブンデイズウォーは、編集プロダクションとして発注を受け…

自己紹介

はじめまして。 株式会社セブンデイズウォー代表取締役の大門弘樹です。 会社を経営していると、よく「どういうお仕事をされているんですか?」と人に聞かれます。 この質問をされるたび、なんと答えたらいいのか、いつも言葉に詰まってしまいます。 僕の会…