読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことで仕事しています。 -オタク社長の奮闘記-

by 企画制作会社セブンデイズウォー代表取締役、クイズ専門誌『QUIZ JAPAN』編集長、クイズ作家の大門弘樹

【12月26日開催!】『マン・オブ・ザ・イヤー・シニア』

急に寒くなってきましたね。あっという間に10月です。

さて、年内には『QUIZ JAPAN』の第5号を発売予定ですが、もう1つ大きなトピックがあります。

それがこちら、『マン・オブ・ザ・イヤー・シニア』
略して『マンオブシニア』です。

『マン・オブ・ザ・イヤー』といっても、クイズを趣味にされていない方には何のことやらさっぱりわかりませんよね。

『マン・オブ・ザ・イヤー』とは、1983年に産声を上げた「学生クイズ王決定戦」のことで、大学のクイズ研究会に所属する学生たちを中心にした、年に1回のクイズ大会でした。

「でした」と過去形なのは、2005年に惜しまれつつ終了してしまったから。

その『マンオブ』が、今年の12月にシニア大会として一日限りの復活する運びとなりました!

出場可能なのは、1960年代生まれのクイズプレイヤー。

つまり83年の『第1回マンオブ』から89年の『第7回マンオブ』に出場できた当時の大学生がターゲットになります。

この世代はクイズ研究会そのものを創設し、アメリカ横断ウルトラクイズ史上最強のクイズ王決定戦などで数々のドラマを作ってきたレジェンド世代

そんな夢のような顔ぶれが一堂に会する、クイズファン垂涎のオールスターゲームなんです!

もちろん、『第13回ウルトラクイズの準決勝を戦ったボルチモア4」の皆さんも参加されるとのこと(!)

私も、大会のスタッフとしてお手伝いさせていただいています。

11月よりチケット販売が順次開始になりますので、ぜひ12月26日は、会場にお越しくださるとうれしいです。

なお、この大会はネット配信の予定はありません。一世一代の試合をぜひお見逃しなく!