読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことで仕事しています。 -オタク社長の奮闘記-

by 企画制作会社セブンデイズウォー代表取締役、クイズ専門誌『QUIZ JAPAN』編集長、クイズ作家の大門弘樹

『ノックアウト〜競技クイズ日本一決定戦〜』 予選会、無事終了しました!

 

f:id:hdymon:20160622215920j:plain

ファミリー劇場によるクイズ特番『ノックアウト〜競技クイズ日本一決定戦〜』の予選会が、去る6月18日(土)に無事終わりました。

改めまして、ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。


どのような選抜方法(クイズ形式、クイズ問題の難易度etc)は、当日まで一切シークレットにさせていただきました(クイズ王番組は、その方が燃えますよね?)

参加いただいた皆さんには一目瞭然だと思いますが、かつてTBSで放送されていた史上最強のクイズ王決定戦の予選会をオマージュした3つの形式にチャレンジしていただきました。

史上最強のクイズ王決定戦の予選会といえば、激烈に厳しいペーパーを通過して、鬼のようなメンツの7○3×をくぐりぬけ、脳みその限界に挑むボードクイズを勝ち上がった6〜7人だけが、「クイズ界の○○」というイカした異名をつけてもらって本戦収録に挑むことができる。これです、これ!

我々ロスジェネ世代にとって、憧れだったウルトラクイズ『史上最強のクイズ王』

よく「『ウルトラ』は復活しないのか?」とあちこちで言われていますが、実は復活しているんですよね。ただ対象がかつてのように18歳以上ではなく、高校生限定で。

そう、ここ3年の高校生クイズは、どう見てもウルトラクイズのリブートでしょう。

より出演者が出やすい時期(=夏休み)に、より魅力的な出演者(=高校生)に絞った、21世紀の『ウルトラクイズ』が今の『高校生クイズ』なのです

でも、個人的には、もう一方の『史上最強』に甦ってほしい! 

できることなら自分の手で再生したい! 

そんなことを夢見てきました。ひょんなことから、ファミリー劇場さんにそのチャンスをいただき、その夢を形にできました。

予選会なんですから、別に会議室でペーパーを解くだけでも良かったんです。

でも「早押しとボードをやりたい」という無茶な希望を、快くOKしてくださったファミリー劇場の皆さんには、本当に感謝の言葉しかありません。

3択と早押しとボードは、それぞれ必要とされる能力が違います。トライアスロンのように、その3つを兼ね備えた真の強豪を選抜してこそ、ガチンコのクイズ王決定戦だと言えるのではないかと。

なお、この予選会の模様は後日、ニコニコ動画「QUIZ JAPAN TV」にて、ノーカット放送される予定ですので、ぜひご覧くださいませ。

さあ、ここまではリブートですが、ここからは正真正銘、誰も見たことがない戦いです。なんたって会場がプロレスのリングなんですから。絶対に生で体験しないと後悔する戦いがそこにある、と断言します。

決勝大会は7月30日。チケットはこちらで絶賛発売中です!

チケット予約・販売・購入サービス - イベント・公演情報

 

 

QUIZ JAPAN vol.6

QUIZ JAPAN vol.6

 

 

 

QUIZ JAPAN vol.5

QUIZ JAPAN vol.5